西伊豆のグルメ

周辺地図

サブコンテンツ

西伊豆のグルメランキング

  • 丸吉食堂

    「地元でとれる新鮮な魚を食べて欲しい」と、天然の地魚料理を中心に用意。1kg級の脂ののった『金目鯛の姿煮』、『金目鯛の兜のから揚げ』などがいただける。ランチに魚を食べたいなら、『ちらし定食』がおすすめだ。その日仕入れた魚がずらずらっとのっていて、ふたを開けたとき思わず感動してしまうはず。天然モノにこだわった新鮮な地魚料理を食す。

  • 磯割烹 佳倉

    「地元でとれる新鮮な魚を食べて欲しい」と、天然の地魚料理を中心に用意。1kg級の脂ののった『金目鯛の姿煮』、『金目鯛の兜のから揚げ』などがいただける。ランチに魚を食べたいなら、『ちらし定食』がおすすめだ。その日仕入れた魚がずらずらっとのっていて、ふたを開けたとき思わず感動してしまうはず。天然モノにこだわった新鮮な地魚料理を食す。

  • の一食堂

    戸田に来たら絶対に食べてほしいのがタカアシガニ。脚を広げると最大3mにもなる世界最大級のカニは、実際に見ると圧倒される。味はやや淡白で、ポン酢につけても、そのまま食べても美味しい。漁期は9月~5月だけど、専用の養殖所があるので一年中美味しく食べられる。もちろんカニ以外の海の幸も絶品!大きなタカアシガニを丸ごと頬張りたい!

  • フランボワーズ

    『みかんケーキ』の店として松崎では有名。甘夏やポンカン等の皮をシロップに漬け、みかんジュースで香りづけした生地に焼き込んで作る。テイクアウトの他、奥の喫茶室でも頂ける。1~3月の期間限定ゼリー、4月からのニューサマーオレンジゼリーも人気。旬のフルーツを使った季節ごとのケーキが多数揃う。甘酸っぱくて苦みのある『みかんケーキ』のお店

  • フルーツランドギャラリー

    フルーツをふんだんに使ったデザートで有名な店。おすすめは多彩なフルーツをたっぷり盛り込んだ『季節のデザート』や季節ごとに変わる『メロンパフェ』(夏限定)と『いちごパフェ』(春限定)各1200円。手作りフルーツケーキもすぐに売り切れてしまうほどの人気。他にカレーやサンドイッチなど軽食も。沖を走る船を望みつつ季節の果実を味わう

  • 魚季亭

    漁師の新鮮な魚介料理であるぶっかけ飯の他、磯打ち麺やお刺身、天ぷらの定食等、昔ながらの漁師の絶品料理が味わえる。

  • 松の家

    地アジや生しらす、秋から冬にかけてはサクラエビやサンマなど、地魚ネタの寿司を楽しめる。ふっくらと炊きあげられたシャリは口に入れるとホロッと崩れ、ネタとの相性抜群。カンパチやヤリイカ、カツオなどのネタが満載のちらし寿司もおすすめの逸品だ。寿司の他に、地魚のカサゴの煮付けなどの料理も旨い。地元漁師おすすめの老舗で味わう地魚の寿司

  • 伊豆の心太 盛田屋

    土肥の八木沢海岸はところてんの主原料となる天草の名産地。天城山麓の湧き水で作った天草100%の『伊豆の心太』は甘味と香りがほどよく感じられ、醤油や辛子以外に、おろし生姜、削り節などを加えても美味!又、本州ではここだけの製造販売である、完全天日塩の『太陽と風の塩』は地方発送も可で大人気。甘味、香りが口に広がる天草100%の心太

  • 梅月園 桜田店

    添加物は一切使わず、自家製あんの小豆は、北海道十勝産でしかも有機栽培されたものと、「自然」にこだわりを持つ和菓子店。松崎町特産品の桜葉を使用した品もあるから、お土産を買うのにもぴったりのお店。塩漬けされた桜葉を巻いたさくら葉餅、さくらきんつばなどで、口いっぱいに広がる風味を味わって。お土産に、松崎の特産品桜葉を使用した和菓子

  • 魚重食堂

    戸田港の目の前に位置する食堂では、9月中旬に漁が解禁されると、メギス、チゴダラなどといった深海魚を味わえる。深海魚の天ぷらは、戸田産の塩でいただこう。刺身は漁の状況により深海魚ではないこともあるが、これもまた美味。目からウロコの美味しさに、奥の深さを再確認できること間違いなしだ。深海魚を知り尽くす戸田港の食堂

このページの先頭へ