伊豆のグルメ

周辺地図

サブコンテンツ

伊豆のグルメランキング

  • 伊豆高原ビール 海の前のカフェレストラン

    天城山系の水で仕込んだ伊豆高原ビールと魚介たっぷりの料理が楽しめるお店。その日揚がった魚で作る『旬のお魚のカルパッチョ』(1344円)のほか、づけにした魚をお茶漬けで味わう『しょう油のまご茶ぶっかけ漁師めし』(1554円)も絶品!潮風が心地いいテラス席ならペットと一緒に楽しめる。シーフード料理を味わいリゾート気分を満喫!

  • あをきのひもの

    慶応2年創業という老舗中の老舗は、干物ひとつ作るのにもこだわり方が違う!伊豆近海の新鮮な旬の魚を素材に塩は赤穂産、水は名水百選に名を連ねる富士の柿田川のものを使用。製法は昔ながらの天日干し、と全てにこだわって作られた干物は、金目鯛の干物が945円~、イカの一夜干しが420円~。魚、塩、水にこだわって作られた干物

  • 伊豆高原ビール本店レストラン

    漁師さんが食べているような魚料理を再現。その日に水揚げされた魚の漬けをてんこ盛りにた海鮮丼が有名。4種類の地ビールと共に召し上がって。

  • 伊豆オレンヂセンター

    店内で製造する『伊豆の踊り子まんじゅう』、『金目鯛みそ漬』等の名物が並ぶ土産店。それらを買う前にまず一杯飲みたいのが『ウルトラ生ジュース』。季節のミカンとハチミツで作る健康ジュースで「一杯飲んだら3年長生き」というキャッチフレーズ付き。濃厚かつさわやかなのど越しに旅の疲れも吹き飛びそう。隣接する食事処『河津の庄』では炊き立ての麦飯と刺身がついた『とろろご膳』、ぷりっぷりの『海老フライ定食』、金目鯛の大きな切り身を野菜と共にオリジナルの味噌で煮込んだ『金目鯛うどん』などボリュームたっぷりの食事が楽しめる。お膳それぞれには、併設のお土産屋さんで製造販売している踊り子まんじゅうがついてくる。

  • 平井製菓

    「下田らしさ」を追求して作った、厳選素材のお菓子が買える店。人気は、まろやかな小倉あんを卵たっぷりの皮で包んだ『下田天城路』。全国菓子大博覧会で名誉大臣賞を受賞したという逸品だ。あっさりした自家製あんが自慢の『下田あんパン』、薄皮の『そうずらまんじゅう』などもおみやげにぴったり!下田みやげに買いたい自家製あんパンと和菓子

  • 青木さざえ店さざえ厨房

    卸業が本業で、地場でとれたものを使っているので新鮮な魚介類をリーズナブルに食べられる。『イセエビラーメン』は伊勢海老1尾がど~んとのった贅沢なラーメン。伊勢海老でとったダシ汁のスープも最高!イカ、さざえ、伊勢海老等の刺身が山盛りの『船盛定食』も食べなきゃ損。生け簀で売ってるエビも安い!伊勢海老のラーメンはダシも最高!

  • 丸吉食堂

    戸田沖で捕れる深海エビがオススメの割烹料理のお店。手長エビ、ホンエビなど、クセがなくまろやかな味わい。捕れたての深海エビは、日替わりメニューのお皿の上に。お刺身もいいけど、天ぷらにしても身が固くならず、サクッとした衣と柔らかなエビの食感がたまらない。迫力の『タカアシガニ定食』も名物。刺身や天ぷらでも美味しい深海エビを堪能

  • 黒柳

    長岡温泉にはたくさんの温泉まんじゅうのお店が並んでいるけど、ここの温泉まんじゅうは別格。甘すぎず、いくつでも食べられるさっぱりとした味わい。ご主人曰く、あんは北海道産の小豆を1日かけて何度も何度もさらし、皮は醤油で軽く色付けして軽やかに仕上げるからだそう。甘さが苦手な人にもおすすめだ。元祖の味は欠かせない温泉まんじゅうの老舗

このページの先頭へ